teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:117/6993 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

阿蘇からの日の出もまた美しくあります

 投稿者:けんたろう  投稿日:2021年 7月26日(月)06時03分16秒
  通報 返信・引用
  私も相変わらずお通じは多く、高速道ならなんとか、一般道ですとトラックの停められるコンビニなどだいぶ把握してきてますが毎度ケツを浮かせて焦ります。
生活がガチャガチャなのでカチカチなウンチやらシャーシャーなのやら。
そういえば数日前に社長に「新型が1台空きが出るけど熊本君が乗りんさい、この色合いとデザインが一番好みやろ。見る度にいつも綺麗にしとるけん乗ってよかよ」と。新車ではありませんが良好な状態の新しい型の車両。しっかりと評価されて非常に嬉しい気持ち、また泣かされました。しかしやっぱり任された車両を手入れしない奴は大体キズつけたり当てたりしてますね。10月以降乗り換えましたらまた写真を。

映画祇園祭の演者、最強な布陣ですね、北大路さんは違う人みたいで驚きですがまた裕次郎もまた流石に背丈がありますねー。
西村泰治という人も破天荒で…現代なら大事件でしょう。
古舘伊知郎の月一かでやるラヂオもまた喋り倒しでなかなか面白いですね。
あのニュースステーションで「MARIA」を歌ったのはよく覚えてますね。
蛾次郎さんホント賀状の返事してよって思ってました(笑)
最近記事を読んでまして改めて渥美さんの男前な逸話に感銘を受けましたね。

「映画では『源公』、私生活では『蛾次郎』と呼ばれていたけど、本当に兄貴と舎弟みたいな関係だった。『おい蛾次郎、メシ行くか』って俺の行きたい店に連れていってくれる。渥美さんが全部払ってくれるから、自分じゃ行かないような高い寿司屋もよくねだった(笑い)。俺は酒もガブガブ飲んでたけど、渥美さんが飲んでる姿はあまり見たことがないなぁ」
 小さなスナックでの、こんなエピソードも。
「渥美さんが『仁義を切ってやるから、“男はつらいよ”を歌え』って言う。本当に腰を落として『あたくし、生まれも育ちも葛飾柴又、帝釈天で産湯を使い……』ってやってくれてね。続けて俺が『どうせオイラは~』って歌ったら、お客さんは大喜び。渥美さんを知る人は『絶対に嘘だ、渥美さんはそんなことしないよ』って言うんだけど、本当なんです。もう40年も前のことだけど」
 渥美が佐藤や山田洋次監督、「さくら」役の倍賞千恵子、スタッフ数人を誘い、約1週間のタヒチ旅行に繰り出したときは、飛行機代も宿泊代も渥美持ちだったという。
「誰に対しても偉そうにしない。絶対に遅刻はしないし、真面目だし、常に優しい。一番覚えているのは『優しくしろよ』っていう言葉。ファンにも女房にも、優しくあれということだね」
 
 
》記事一覧表示

新着順:117/6993 《前のページ | 次のページ》
/6993