teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お尋ねしたいのですが・・・

 投稿者:  投稿日:2006年11月10日(金)16時59分48秒
  はじめまして!
私の妻の旧姓は『綱』なのですが、『渡辺の綱』から来ているらしく、家紋も同じです。
ネット上で『綱』の苗字について調べようと思っても、『渡辺の綱』から先がわかりません。
『綱』の姓について、詳しく出ているHPなどを知っていたらお教え願えませんでしょうか?
 
 

(無題)

 投稿者:杉並の渡邉  投稿日:2006年10月29日(日)07時50分28秒
  先日メキシコのユカタン半島を旅した時に、泊まったホテルの紋章が日本の九曜の紋にそっくりだったので
家紋のことを調べているうちにここにたどり着きました。うちのは○に渡辺星です。
今は東京ですが、祖父の代まで会津で、先祖は会津藩に仕えていました。
北海道の渡辺さんとは遠縁かも知れませんね。うちは猪苗代の方ですが。
 

渡邊の恥

 投稿者:渡辺實  投稿日:2006年 8月 4日(金)02時39分11秒
  上杉家に仕えた渡邊です。母方の姓で、現在は渡辺姓を失っていますが渡辺の子供であるという意味で名は一つ文字です。實は祖母の戒名で、その一文字を頂いて兄弟共に名前が付けれれています。検索していたら、このサイトを見つけました。深夜に失礼しましたw  

渡辺 北海道へ移住

 投稿者:北海道の渡辺  投稿日:2006年 7月10日(月)20時27分46秒
  僕の先祖は新天地を求めてはるばる福島県(当時は会津藩)からここ北海道(十勝)へ渡って来たそうです。豊頃町の本家には刀や槍や甲冑(渡辺星のある)があるそうです。(今はあるかどうか・・)勿論、渡辺綱が先祖です。  

(無題)

 投稿者:通行人  投稿日:2006年 7月 2日(日)17時05分46秒
  苗字は渡邊ではないですが家紋は渡辺星(丸に三つ星一文字)です。
先祖は渡辺綱と聞いております。江戸時代に商人になる時に今の苗字となったそうです。
 

(無題)

 投稿者:渡辺一夫  投稿日:2006年 5月 7日(日)21時02分48秒
  我が家で分かっている最初の戒名を頂いたのは元和3年ですけどそれから代々横浜に住んでいますけど、
どうなんでしょう、周りから聞くところによると家から周りに渡辺が広がったと聞きますが、
 

(無題)

 投稿者:BURNING  投稿日:2006年 1月 7日(土)08時13分46秒
  ちなみに同本はどこで手に入れる事ができますか?  

(無題)

 投稿者:BURNING  投稿日:2006年 1月 7日(土)08時11分57秒
  どうもありがとうございました。では私の父が周一の長男なのでそれに名が連なって行く訳ですね。本当にありがとうございました。又色々と質問する事もあるかと思いますがその時はよろしくお願いします。  

渡辺周一氏

 投稿者:渡辺長門守Mitz綱  投稿日:2006年 1月 5日(木)15時03分16秒
  BURNING様

初めまして、渡辺長門守Mitz綱です。ご記入ありがとうございました。
私の手元にある資料、水谷盛光先生著『尾張徳川家明治維新内紛秘史考説』によると、
渡辺周一氏は渡辺新左衛門在綱の三男鋭三氏のご長男ということです。
同書の181ページには周一氏の写真がありますので、
BURNING様がご覧になられた本は、多分この水谷先生の本だったのではと思います。
ちなみに、水谷先生は
「新左衛門家三子鋭三の子周一氏は、好きな歌道に精進し、
悠々自適の生活を送っておられる。新左衛門家の直孫としては
最後の人であろう」と記載されています。

鋭三・周一両氏については近いうちに当HPの系図をアップデートさせて頂きたいと
考えています。
 

家系図について

 投稿者:BURNING  投稿日:2006年 1月 5日(木)11時06分16秒
  こんにちは。はじめまして。私は今年30歳になる男ですが小学生の頃から自分の先祖に興味を持ちよく自分の父の父(おじいさん)に話を聞かせてもらっていました。聞いた話によると私の先祖は渡辺新佐衛門と言う方でおじいさんのいえには渡辺家の事をまとめた本がありそこにおじいさんも写真付で載っていたのでびっくりしたのを覚えています。おじいさんは晩年短歌をやり何人かのお弟子さんも居たみたいです。当時の私の憧れでした。ずいぶん前に他界しましたがおじいさんに聞いた事を思い出しながら書いた次第です。おじいさんの名は周一です。ここで見た家系図とおじいさんに見せてもらった家系図が違う感じがしたので書かせて貰いました。私も大分昔に見せて貰ったきりなのでよく覚えていませんが自分は正式にどこに入るのかわからなかったのでぜひ聞かせてください。お願いします。  

レンタル掲示板
/11