teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:月蔭  投稿日:2002年11月12日(火)01時32分3秒
  死没者名簿 天神町南組()

渡辺 貞兵衛(66)
酢販売▼自宅は天神町119番地。町内会ごとにつくられた地域国民義勇隊の天神町中隊員として市の第6次建物疎開作業に動員され、爆死▼妻と2人。呉の海軍工廠にいた長男が遺骨を捜すが、不明。

妻 コヨネ(53)
被爆後、運ばれた長男の妻の実家がある広島県双三郡で46年6月15日死去。

渡辺 徳一(51)
表具製造▼天神町143番地の自宅から、爆心1・5キロの観音方面(西区)にあった紙の統制組合に出かけて被爆。47年8月15日、胃がんで死去▼7人家族のうち福山の電気工場に勤めていた長男一人が残る。

妻 逸子(38)
爆心450メートルの自宅で被爆し、親族がいた廿日市市までたどり着くが、13日死去▼生家の広島県高田郡吉田町に疎開していたが、渡辺宅から北側は建物疎開を免れ、投下2日前に子ども3人を連れて戻る。

長女 貞子(17)(左)
爆死。遺骨は不明▼胸を患い、吉田町に疎開していた。
二女 富貴子(14)(右)
進徳高女生徒▼自宅で爆死。

二男 富弥(11)(中)
母と戻った自宅で爆死。

三男 暁良(あきら)(3)
母が抱いて火の手を逃がれ、元安川で過ごす。9日、廿日市市の親族宅で死去。(注・遺影なし)


渡辺 一郎(15)
住み込み従業員▼益太郎が遺骨を確認し、山崎家の墓に埋葬。(注・遺影なし)。

http://www.chugoku-np.co.jp/abom/98abom/kiroku/981215_c.html より
 
 

広見の渡辺家

 投稿者:ドラ丸メール  投稿日:2002年11月 2日(土)15時12分31秒
  私は岐阜県多治見市出身の渡辺の姓をもつ者です。私の祖父の家は同県可児市の広見あたりにあり、旧家には槍があったとか。家紋は三ッ星。しかし明治維新のころには大変貧く半農状態だったとか。”土着の郷士”だったと祖父が言っていました。可児市の広見一帯には大変多くの渡辺家があります。私の子供の頃30人のクラスに5,6人は渡辺姓がいました。(渡辺姓は全国的にどこでも多いのですが)すぐ近くの久々利には千村家がありました。
この可児市と多治見市の境界線の一帯の渡辺家はどこから来たんでしょう?半蔵流の渡辺家とは何か関係があるのでしょうか?私は現在海外で暮らしており、さらに内容がマイナー過ぎることもあって、なかなか調べる事ができません。どなたかそれらしい情報を耳にした方いらしゃいませんでしょうか?もしご存知の方いらしゃいましたらご一報宜しくお願いします。
 

無題

 投稿者:この花咲くや姫メール  投稿日:2002年 9月26日(木)10時52分21秒
  ありがとうございます。複雑怪奇な系図でございます。思考錯誤の繰り返しであります。
広島県賀茂郡西条町の渡辺に嫁いでおります従姉妹の方で何か分からないことがありましたら お教えください。母方の祖父の家が 私の第2の実家です。今年 曾祖母 森りおの50年祭を執り行いました。3年後には 父方中崎家の伯父の60年祭を行う予定で動いております。S.20年12月に広島の地で自害いたしておりますが従3位を戴いております。ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:通行人_S  投稿日:2002年 9月25日(水)13時24分56秒
  それから、
過去に、日本家紋研究会が『岡山の家紋データブック』を出しています。
家紋の方から調べられる(この学種を紋章(マーク・家紋)学と言います)のなら御役に立つはずです。
 

無題

 投稿者:この花咲くや姫メール  投稿日:2002年 9月24日(火)11時31分8秒
  貴重な情報ありがとうございます。
嵯峨源氏・渡辺氏の研究の奥深さには敬服いたしております。
数々のご教示ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:通行人_S  投稿日:2002年 9月24日(火)09時04分2秒
  済みません。
嵯峨源氏渡辺家から外れてしまいましたので、

http://www1.harenet.ne.jp/~gs-msmz/

五三兵衛さんの方に御願いします。

私、ここの管理者でも無いですから、これ以上付合えません。

PS.

中崎良胤旧蔵 とは 大蔵省に史料・文書を提出する際の最後に所有していた人の前の所有者になります。

諸神系図譜(全1冊) 寛永11年(1634)写 筆者賀茂氏庸 国常立尊以下の神々の系図。 卜部兼倶本の転写本。「秡八ヶ口訣」「神道」と合冊。中崎良胤旧蔵。

吾妻鏡とは、信濃・上野境の吾妻郡を中心に書かれた書物です。
吾妻鏡記中の中村氏は、
 中村の五郎・中村馬の允
 しか出てきません。
播磨中村氏系図
 

お世話になってます。

 投稿者:この花咲くや姫メール  投稿日:2002年 9月23日(月)18時53分28秒
  京極家は赤穂の学芸員さんから伺った名前です。 
中屋の造酒屋は岡山・山手の三宅が引き継いでいます。脇本さんって呉の脇本さんですか?
後者の中屋のほうは知りませんでした。石田三成の子孫がその辺にいたから町名になったのだと思っていました。亡き叔母が嫁いでいます。戦争中「三國の母」と報道されたらしいです。
ご泰行繋がりじゃないかって 笠間浅野家さまはいわれていますが・・・。
今回 広島には母方平川家と岡西家のお墓をみていただきます。
呉のお墓も時間があれば廻りたいです。中本の時代もありました。それから中崎に改名したそうです。(戻したのかな?吾妻鏡の時代に・・中崎良胤こちらもさがしてます。)
倉敷の平川家には藤原(安芸の藤原?)のお墓もあるみたいです。今回はその辺までは無理ですね。阿久利は6代ぐらい前でしょうか? 茨城の中崎家は9代ぐらい前でしょうか?
 

(無題)

 投稿者:通行人_S  投稿日:2002年 9月22日(日)00時45分44秒
  「日枝家の先祖は日吉(ひえ)大社のある近江国坂本から出ているそうです。直系の子孫は現在のフジテレビ社長日枝久氏で、我が家は分家筋になるが、久氏には墓参に来られたときにお会いしたことがあります。宗旨は浄土真宗で、柳井原の内藤家とともに寺を建立(再建?)して維持していました。古い墓は(洪水で?)高梁川の中に埋もれてしまいました。江戸時代には本陣の加藤とともに脇本陣として宿駅の世話をしていました。明治より本家(中屋?)は造酒屋をしていました、分家は中西屋)といいました。」
http://www1.harenet.ne.jp/~gs-msmz/hieda.htm より

京極家関連の話は、上記の佐々木氏と交錯しているのだと思います。>この花咲くや姫さん
 

(無題)

 投稿者:通行人_S  投稿日:2002年 9月22日(日)00時39分58秒
  菊屋江木家譜によると、本姓は村上源氏、家紋は五三桐、二引両。赤松則村入道円心の一族で、乱世の頃、義祐の幼児秀次が備後に逃れようとして、途中、矢掛にとまり、地名を姓として「江木(えぎ)」と名乗ったとあります。元禄の頃には、田渕、中屋、菊屋、鶴屋、元屋、津屋、玉屋、松田屋などの屋号を持つ家々がこの地で栄え、「江木八軒屋」として有名になったそうです。
赤松(江木)家
小田郡三成村(同郡矢掛町西三成)


西屋・中屋尾崎家
窪屋郡加須山村(倉敷市加須山)


  ↑赤松(江木)家関連の中屋家は此方です。系図も有ります。
 

三ツ星

 投稿者:この花咲くや姫メール  投稿日:2002年 9月13日(金)13時50分1秒
  三ツ星っていうっだそうですね。お月見のお団子かと思っていました。(笑)
従姉妹が渡辺に嫁いでいまして ご主人がこの家紋だったもので・・・。中屋につきましては
赤松(江木)家を調べています。昭和に米騒動で襲われた時に昔の名前と聞いている物ですから
先日。赤穂の浅野家の旗本大学の子孫の長楽(ながら)さんの住んでいたところに立ち寄りました。そのお隣の和田さまは家紋は丸に鷹の羽の重なりといわれていましたが・・・。右上か左上かは確認できませんでした。親戚に神戸の和田造船に嫁いでいる叔母がおりますので 聞いてみますね。家紋って意味があるのですね。通行人Sさんも系図を探しておられるのですか?ちなみに私は女紋は下がり藤です。男紋は使えなくなったので 丸に桐という漢字です。
月末には広島の母方のお墓の家紋を研究されている方に見ていただこうと思っています。今。その方に高知の吉良さまの系図を解読していただく段取りをつけています。『中』続きを調べています。Sさんも頑張ってくださいね。
 
 

レンタル掲示板
/11