teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


紫紋さんへ

 投稿者:ヨハネの洋チャン  投稿日:2013年 6月12日(水)12時55分41秒
返信・引用
  紫紋さん 退院されて 良かったですね
妻の掲示板で 知りました。

4ヶ月も入院されていたんですね
たとえ
身体の一部が不自由になったとしても
何らかの問題があったとしても
紫紋さんが
生かされているということが 大切です
私はね
このマイナスと見えるような  この病の中で
得ることも 多かったのではと 思います
40日40夜 荒野の中を 通ることによってのみ
見える世界も 有るといいます
私は
紫紋さんにとって この体験が
神様を 身近に しかも 親しく 感じられたという
その言葉に 深遠なものを 感じます
マイナスと 思えることも プラスに変えられる
言い換えれば
*全ての事は 益と変えられる*
ほんとに そうだなと 思いました。
主は 共におられますから
あらゆることに 自信を 持ち続けてくださいね。
そして
少しでも 身体が 回復することを 祈ります。

主がついていれば どんな時も 大丈夫!

http:// 

 
 

感謝

 投稿者:紫 紋  投稿日:2013年 6月 9日(日)19時02分3秒
返信・引用
  itoさん
書き込み感謝します。

115日の入院中 母教会の牧師さんは 20回くらい見舞
に見えてくださいました。
迷える羊であるせいかも知れませんが 感謝です。
 

Re: 有難うございました

 投稿者:ito  投稿日:2013年 6月 8日(土)21時09分27秒
返信・引用
  紫 紋さんへのお返事です。

お帰りなさい。
主の導き感謝です。

私も一人では何もできません、明日の礼拝は付き添いが連れて行ってくれます。
また、ゆっくりと、導かれてゆきましょう。

感謝!

ベランダの花 ↓
 

有難うございました

 投稿者:紫 紋  投稿日:2013年 6月 7日(金)09時34分20秒
返信・引用
  ぺんぺん草さま
近況の中継ぎ 有難うございました。
再びpcに触れることは ないと思っていました。
クレヨンなどの差し入れ 有難うございました。

はるみさま
綺麗なお花のお見舞い勇気ずけられました.

ぴょんぴょんさま、itoさま、圭じいさま、ご心配をお掛けしました。
何とか生還しました。

ピーターとはお別れしなければ なりませんでした。
 

紫  紋  様

 投稿者:ぴょんぴょん  投稿日:2013年 2月28日(木)20時23分37秒
返信・引用
  ごぶさたしています。

早くピーターと 一緒に また暮らせるように お祈りいたします。
回復されること そして また お話しましょう。
 

紫紋さんのこと

 投稿者:ぺんぺん草  投稿日:2013年 2月22日(金)23時51分6秒
返信・引用
  21日の静岡その枝教会の「牧師のひとりごと」に紫紋さんの近況が書かれています。
http://homepage2.nifty.com/sonoeda/

はるみさん、圭じいさん、お二人のお祈りのメッセージを牧師先生から伝えていただきました。
皆様と掲示板を通じて繋がっていて、祈りが届けられることはどんなに大きな励ましかと思います。

いつになれば紫紋さんのネット環境が整えられるかわかりません。
わたしにできることは限られており、みなさんの書き込まれた言葉を届けていただく中継をすることしかできません。

はるみさん、「出来事」でお解りのようにわたしは立派な人間ではありません。
恥ずかしいですから褒めないでくださいね。

ピーちゃんは妹さんのお宅に引き取られた様子ですので、また会うことが出来ると思います。



 

ぺんぺん草さま

 投稿者:圭じい  投稿日:2013年 2月12日(火)18時02分50秒
返信・引用
  紫紋さんのこと教えていただきありがとうございます。

私はクリスチャンでなくなおかつ信心深くはない罰当たりな人間ですが紫紋さんの

ご回復をお祈りいたします。
 

ぺんぺん草さん

 投稿者:はるみ  投稿日:2013年 2月12日(火)10時48分47秒
返信・引用
  紫紋さんのこと、色々と教えて下さってありがとうございます。

ぺんぺん草さんと紫紋さんの先日の”出来事”を拝見していたがゆえ、
こうしたぺんぺん草さんの謙遜なお姿を拝見していると、貴女の信仰の深さ、
愛情の豊かさを神様に感謝しないではいられません。

紫紋さんとピーターちゃんが、このような形で突然お別れしなくてはならなくなったことは
とても残念です。新しいおうちでも、たくさんの幸せが待っていますように。

ぺんぺん草さん、掲示板のことをお伝え下さったこともありがとうございます。

紫紋さんのため、これからも一緒にお祈りを続けてまいりましょう。

http://blue.ap.teacup.com/hamiel/5.html

 

紫紋さんのこと

 投稿者:ぺんぺん草  投稿日:2013年 2月12日(火)10時11分26秒
返信・引用
  昨日も牧師先生が訪問されたそうです。
以下は本日早朝にいただいたメールの抜粋です。


昨日、紫紋兄を訪問し、お教えいただいた掲示板等の書き込みについて伝えました。
涙ぐんで感謝しておられました。

皆さんの祈りが、こういう時、何よりうれしく、力になるものと思います。
 

Re: 紫 紋さんのこと

 投稿者:ぺんぺん草  投稿日:2013年 2月10日(日)23時53分59秒
返信・引用
  > No.3387[元記事へ]

itoさんへのお返事です。

ご連絡ありがとうございます。

本日、牧師先生が訪問され様子をお知らせくださいました。
冷静に事実を受け止め、落ち着いていらっしゃるように見えるそうです。
リハビリを始められるそうで、続けてお祈りくださいと牧師先生がおっしゃっています。

次回の訪問の折には、itoさんはじめ皆さんがお祈りくださっていることをお伝え願おうと思っています。

飼い猫だったピーちゃんは無事に引き取られて行ったそうです。

紫 紋兄に最後にお目にかかったのは2010年秋、家族旅行の途中でした。

ピーちゃんはいつも紫 紋兄を見つめていました。
無事に引き取られたと聞いて、涙を浮かべて喜ばれたそうです。
 

レンタル掲示板
/175