teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/205 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

旅行 8~9日目

 投稿者:純姐@こりでも管理人  投稿日:2010年 5月 2日(日)13時35分18秒
  通報
  湯布院YHでは、今回の旅行では初めて同室のヒトができた。せっかくYHに泊まっても、
連休を外すとさみしいもんで、ここまでず~っと一人一部屋だったんだよね~。連休をはず
すと、観光地がヒトでいっぱいだったり、渋滞したりしないのはいいけど、ヒトとのふれあ
いがなくて、物足りないものがあるよ。

九州の最終日は、湯布院の宿から別府観光港に直行。ここでバイクや荷物を置いて、えみち
ゃんと合流して、彼女の車で大分観光♪

まず、景色が綺麗な温泉があるからと、高台の日帰り温泉で入浴。海が一望できる露天風呂
というのは、大阪ではないのですごく新鮮。

次に美味しい天丼のお店に連れて行ってもらった後、アイスクリームの美味しい店に寄った
私のリクエストで、由布岳の北側の煙がでている火山口へ行ってきたんだが、ここはえみち
ゃんの車だから行けたからよかった。6Fだと、あのダートはちょっと厳しい。

火山口は阿蘇山ほど大きくはないけど、勢いよく煙があがっているのが近くでみれて面白か
った。風上にいたから大丈夫だと思っていたけど、火山性のガスがあるからか、途中からセ
キがでるでる。火山口を離れても、しばらく喉が痛かった。

恒例の海地獄で地獄蒸しプリンを食べて、みやげ物屋で土産を買って、いつものフェリー乗
り場の喫茶店でお茶していたら、あら~、もう乗船する時間ではないか。えみちゃんにフェ
リー乗り場まで送って貰った。

また来年も会いましょ~♪

連休開始しているだけあって、フェリーは満室。今回もツーリスト(いわゆる2等)。
自分が思っていたより疲れていたのか、乗船してすぐにグーグー寝てしまった。

消灯時間を過ぎて、どれくらいたったかわかんない頃、赤ちゃんのぐずる声で目が覚めた。
お母さんはなんとか寝かしつけようと頑張っている。赤ちゃん連れは、迷惑といえは迷惑な
んだけど、いくら親御さんが努力しても、静かにさせるコトができないから、仕方ない。
しばらくぐずっていて、「およ、泣き止むかな?」って感じだったのが、とうとう本気で
泣き始め。あっちゃ~。

時間を確かめたら1時半の深夜。こりゃ~参ったなぁ。でも、お母さんもなんとかしようと
頑張っている。仕方ないな~。お母さんも大変だなぁとしばらく思っていたんだが、このお
母さん、30分以上泣き続けても、部屋の中でなんとかしようとし続けるんだよ~。

今まで何回も赤ちゃん連れのお母さんと、フェリーで一緒になったけど、他のお母さんは、
赤ちゃんが本格的に泣き始めたら、すぐに廊下とかにでて、できるだけ他のヒトに迷惑に
ならないようにしてはったのに。

部屋のヒト達もさすがに参ったと、ざわざわと起きだしてからやっと、室外に赤ちゃんを連
れ出していた。ほっとしてすぐに眠ってしまったのか、いつお母さんと赤ちゃんが部屋に戻
ってきたかわかんなかったんだけど、またしばらくしたら赤ちゃんの声が聞こえてきた。

時間は3時過ぎ。「あうあう~」とか、誰かに話しかけているような、結構大きな声で延々
としゃべっている。

お母さ~ん、なんとかしてよ~と思いつつ、トイレに行く時に赤ちゃんの様子をみたら、
寝言じゃなくて起きて毛布で楽しそうに遊んでいる。お母さんはぐっすりお休み中。
ありゃりゃ~。

毎日のコトでお母さんもお疲れなんだろうなぁと思いつつも、何度もこんな感じで起これさ
て熟睡できず。

大阪に帰ってきたら、一度自宅に戻り荷物を置いたら、通院日なので病院に行った診察室で
ぐーぐー寝てしまった。今日はお天気がよかったら、サーキット走行に行こうかと思ってい
たが、こんな調子では危ないので、家でゆっくりすることにした。

ま~、最後はちょっと疲れるできごとがあったけど、今回の旅行では転倒もなく、パンダの
お世話にもならず、去年会えなかったQちゃんとえみちゃんの二人にも会えて、すごくよか
った。長くGWに九州を旅行しているが、初めての体験も色々あり。これだから旅行はやめ
られないね♪
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/205 《前のページ | 次のページ》
/205